【眼科医が教える】緑内障の目薬

【眼科医が教える】緑内障の目薬
緑内障の原因は眼圧上昇

緑内障は、眼球の奥にある視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。原因は、眼圧上昇です。

眼圧の正常値は10~21mmHgです。

眼圧が高いと緑内障になりやすくなります。しかし、眼圧が正常でも緑内障になります。
これを、正常眼圧緑内障といいます。

正常眼圧緑内障は、緑内障の約7割を占め、日本人に多いことがわかっています。

グラフのように、眼圧が高くなると緑内障性視野異常率が上がります。

しかし、正常眼圧でも確率は低いですが、緑内障性視野異常を起こす方がいます。

正常眼圧(青色で囲まれた部分)の数が圧倒的に多いため、全体でみると正常眼圧緑内障の数が多くなります。

 

緑内障の治療は眼圧を下げること

緑内障の治療は、眼圧を下げることです。

まずは、眼圧を下げる目薬を使います。

それでも、不十分な時は、レーザー治療や手術が行われます。

正常眼圧緑内障でも、眼圧を下げることが唯一確実な治療法です。

緑内障の治療は、眼圧を下げて、進行を遅らせることが目的です。しかし、一度狭くなった視野は、もとには戻りません。

よって、早期発見・早期治療が重要になります。

 

緑内障の目薬は非常に複雑

緑内障の目薬は、眼圧を下げるのが主な目的です。

緑内障の目薬は、種類が多いため、非常にわかりにくくなっています。

目薬の種類(作用の違う目薬)が多い
配合点眼薬(2種類を混ぜた目薬)がある
先発品と後発品(ジェネリック薬)がある
後発品(ジェネリック薬)が数社から発売されている

以上により、緑内障の目薬は、非常にわかりにくくなっています。

患者さんご自身が、自分が使っている緑内障の目薬を理解することは重要です。

例えば、ご自身の使っている緑内障の目薬にジェネリック薬があるかを知っていれば、医師に相談してジェネリック薬に変更して医療費を安くすることができます。

緑内障の目薬の種類

 

緑内障の目薬(最初に処方されやすい目薬)

●FP刺激薬

キサラタン(後発品:ラタノプロスト)
トラバタンズ(後発品:トラボプロスト)
ルミガン(後発品:ビマトプロスト)
タプロス
タプロスミニ

●β遮断薬

チモプトール(後発品:チモロール)
チモプトールXE(後発品:チモロールXE)
ミケラン(後発品:カルテオロール)
ミケランLA(後発品:カルテオロールLA)
リズモン
リズモンTG
べトプティック

 

緑内障の目薬(追加で処方されやすい目薬)

●炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)

エイゾプト(後発品:ブリンゾラミド)
トルソプト

●α2受容体刺激薬

アイファガン(後発品:プリモジニン)

●ROCK阻害薬

グラナテック

●α1受容体阻害薬

デタントール

●EP2刺激薬

エイベリス

●副交感神経作動薬

サンピロ

●αβ遮断薬

ハイパジール

 

緑内障の目薬(配合点眼薬:2種類を混ぜた目薬)

●FP刺激薬とβ遮断薬の配合点眼薬(2種類を混ぜた目薬)

ザラカム(後発品:ラタチモ)
デュオトラバ(後発品:トラチモ)
タプコム
ミケルナ

●β遮断薬と炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)の配合点眼薬

コソプト(後発品:ドルモロール)
コソプトミニ
アゾルガ

●β遮断薬とα2受容体刺激薬の配合点眼薬

アイベータ

●炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)とα2受容体刺激薬の配合点眼薬

アイラミド

 

緑内障の目薬の処方の実際

どのように緑内障の目薬が処方されるのかというのは、患者さんの目の状態などによっても異なりますが、一般的には、以下のように処方される場合が多いです。

FP刺激薬とβ遮断薬が最初に処方されやすい目薬です。
FP刺激薬やβ遮断薬を使っても、眼圧が下がらない時は、目薬を追加します。
目薬の種類が多過ぎる時は、配合点眼薬(2種類を混ぜた目薬)を使用します。

 

また、先発品と後発品(ジェネリック薬)では、かなりの価格差があります。患者さんのご負担が減るように、後発品(ジェネリック薬)を検討することも重要です。

 

緑内障の患者さまへ

緑内障の目薬は、基本的には一生使わなければなりません。

しかし、緑内障の目薬の種類が多く、患者さん自身が、使っている目薬を理解できていないことが多いです。

一度、ご自身の使われている目薬を確認してみることも大切です。

 

くまだ眼科クリニック

院長

熊田充起

トップに
戻る

アクセス

〒501-3133
岐阜県岐阜市芥見南山1丁目16-1

バス停「南山団地」の目の前です。
岐阜市・関市からアクセスしやすく、広い駐車場を完備しています。

Tel. 058-243-2600

大きな地図を見る

診療科目のご案内

  • 一般眼科診療
  • 眼科手術(日帰り白内障手術など)
  • レーザー手術治療(糖尿病網膜症、緑内障、網膜裂孔など)
  • 緑内障検診
  • 糖尿病検診
  • 小児眼科(近視・斜視・弱視)
  • コンタクト
  • メガネ処方

初めてご来院される方はPDFを印刷してご持参ください。 問診表をダウンロードダウンロード

診療時間のご案内

診療時間 日・祝
9:00-12:00
15:00-19:00
手術