料金表 | くまだ眼科 岐阜市・関市の眼科なら、くまだ眼科クリニック

白内障治療

白内障手術(片目)

白内障

3割 2割 1割
約45,000円 約30,000円 約15,000円

後発白内障手術(片目)

後発白内障

3割 2割 1割
約6,000円 約4,000円 約2,000円

緑内障治療

虹彩光凝固術(片目)

緑内障

3割 2割 1割
約24,000円 約16,000円 約8,000円

隅角光凝固術(片目)

緑内障

3割 2割 1割
約30,000円 約20,000円 約10,000円

網膜疾患治療

網膜光凝固術
(通常のもの)(片目)

糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜静脈分枝閉塞症、網膜細動脈瘤など

3割 2割 1割
約36,000円 約24,000円 約12,000円

網膜光凝固術
(その他特殊なもの)(片目)

糖尿病網膜症、網膜中心静脈閉塞症など

3割 2割 1割
約54,000円 約36,000円 約18,000円

アイリーア硝子体内注射

加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、近視性脈絡膜新生血管、血管新生緑内障

3割 2割 1割
約46,500円 約31,000円 約15,500円

ルセンティス硝子体内注射

加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症、近視性脈絡膜新生血管

3割 2割 1割
約51,000円 約34,000円 約17,000円

ベオビュ硝子体内注射

加齢黄斑変性

3割 2割 1割
約48,000円 約32,000円 約16,000円

瞼(まぶた)の治療

眼瞼下垂症手術
(眼瞼挙筋前転法)(片目)

眼瞼下垂症

3割 2割 1割
約24,000円 約16,000円 約8,000円

眼瞼下垂症手術
(その他のもの)(片目)

眼瞼下垂症

3割 2割 1割
約21,000円 約14,000円 約7,000円

眼瞼内反症手術
(皮膚切開法)(片目)

逆さまつげ(眼瞼内反症)

3割 2割 1割
約9,000円 約6,000円 約3,000円

眼瞼内反症手術
(縫合法)(片目)

逆さまつげ(眼瞼内反症)

3割 2割 1割
約7,800円 約5,200円 約2,600円

霰粒腫摘出術(片目)

霰粒腫

3割 2割 1割
約3,600円 約2,400円 約1,200円

睫毛電気分解(片目)

逆さまつげ(睫毛乱生症)

3割 2割 1割
約4,000円 約2,800円 約1,400円

ボトックス注射

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣

3割 2割 1割
約14,000円 約10,000円 約5,000円

その他の治療

翼状片手術(片目)

翼状片

3割 2割 1割
約13,500円 約9,000円 約4,500円

ドライアイの治療

涙点プラグ挿入術(両目)

ドライアイ

3割 2割 1割
約7,500円 約5,000円 約2,500円

キープティア(両目)

ドライアイ

3割 2割 1割
約6,700円 約4,500円 約2,300円

高額療養費制度について

高額療養費制度とは、1か月間に病院にかかった時のお金が高すぎる時に支払いの上限額を設けてくれる制度です。上限額は年齢や所得によって定められています。非常に細かい計算式があります。
制度を利用する場合は、あらかじめ、『限度額適応認定証』をもらっておくと自己負担限度額までとなります。また、『限度額適応認定証』がなくても、一度払っていただき、後から超えた額を払い戻すこともできます。
国民健康保険、老人保健へ加入の方は各市町村、社会保険へ加入の方は各保険者から支払われます。

70歳以上の区分

所得区分 自己負担限度額
3割 現役並みⅢ:標準報酬月額83万円以上の方 252,600円+(総医療費-842,000円)x1%
現役並みⅡ:標準報酬月額53~79万円未満 167,400円+(総医療費-558,000円)x1%
現役並みⅠ:標準報酬月額28~50万円未満 80,100円+(総医療費-267,000円)x1%
1・2割 一般所得者:現役並み所得者・低所得以外の方 18,000円
低所得者Ⅱ :被保険者が非課税者 8,000円
低所得者Ⅰ:年金収入のみ・総所得がゼロの方 8,000円

70歳未満の区分

所得区分 自己負担限度額
ア:標準報酬月額83万円以上の方 252,600円+(総医療費-842,000円)x1%
イ:標準報酬月額53~79万円未満の方 167,400円+(総医療費-558,000円)x1%
ウ:標準報酬月額28~50万円未満の方 80,100円+(総医療費-267,000円)x1%
工:標準報酬月額26万円以下の方 57,600円
オ:低所得者(被保険者が非課税者等) 35,400円

詳しくは、厚生労働省のホームページでご確認下さい。
※また、個人で生命保険に加入しておられる方は、手術給付金を受けることができる場合があります。加入されている生命保険会社にご確認ください。

選定療養

2020年4月より、国内で承認された多焦点眼内レンズにかかる費用は自己負担ですが、それ以外の診療・検査・薬剤については健康保険から給付を受けることが可能な制度が始まりました。国内で承認された多焦点眼内レンズを使用することで、自己負担を軽減できる制度です。
当院では、日本では2019年6月に厚生労働省より許可を受けた国内初の3焦点眼内レンズのパンオプティクスを使用しています。
通常の費用とは別に、片目につき以下の費用がかかります。

パンオプティクス(3焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズの種類 金額(税込)
パンオプティクス(片目)
(乱視なし)
200,000円
パンオプティクス(片目)
(乱視あり)
220,000円

上記料金は、多焦点眼内レンズの料金です。手術代、診察代・検査代・薬代などは、通常どおり健康保険でのお支払いとなります。

自由診療(保険外治療)

当院では、光学的に非常に優れた多焦点眼内レンズを輸入して使用しています。手術料などの治療費は、すべて自己負担となります。
以下の料金には、手術代・多焦点眼内レンズ代以外に、術後3カ月の診察代・検査代・薬代などがすべて含まれます。

ファインビジョン(3焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズの種類 金額(税込)
ファインビジョン(片目)
(乱視なし)
390,000円
ファインビジョン(片目)
(乱視あり)
430,000円

上記料金は、手術代、多焦点眼内レンズ代、術後3カ月の診察代・検査代・薬代などがすべて含まれます。

ミニウェル(EDOF眼内レンズ)

多焦点眼内レンズの種類 金額(税込)
ミニウェル(片目)
(乱視なし)
420,000円
ミニウェル(片目)
(乱視あり)
460,000円

上記料金は、手術代、多焦点眼内レンズ代、術後3カ月の診察代・検査代・薬代などがすべて含まれます。

トップに
戻る

アクセス

〒501-3133
岐阜県岐阜市芥見南山1丁目16-1

バス停「南山団地」の目の前です。
岐阜市・関市からアクセスしやすく、広い駐車場を完備しています。

Tel. 058-243-2600

大きな地図を見る

診療科目のご案内

  • 一般眼科診療
  • 眼科手術(日帰り白内障手術など)
  • レーザー手術治療(糖尿病網膜症、緑内障、網膜裂孔など)
  • 緑内障検診
  • 糖尿病検診
  • 小児眼科(近視・斜視・弱視)
  • コンタクト
  • メガネ処方

初めてご来院される方はPDFを印刷してご持参ください。 問診表をダウンロードダウンロード

診療時間のご案内

診療時間 日・祝
9:00-12:00
15:00-19:00
手術