くまだ眼科クリニック

岐阜市芥見南山1丁目16-1 地図

電話番号
初診専用
予約申込はこちら
くまだ眼科クリニック 先進医療認定施設 岐阜県内でも数少ない白内障治療(多焦点眼内レンズ)厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」
先進医療認定施設

くまだ眼科クリニック
先進医療認定施設|岐阜市・関市で白内障など目に関することなら、お気軽にご相談ください。


岐阜市芥見の「くまだ眼科クリニック」です。
お子様からご年配の方まで地域の皆様に信頼される医療を提供することを目標としております。
午後の診療時間を長くし 、仕事帰りの患者様にも利用しやすくしております。
お気軽にご相談、ご来院ください。

手術患者様無料送迎サービスのご案内

日帰り白内障手術治療を受けられる患者様のご負担を軽減していただくために、 無料送迎サービスをしております。

送迎は手術日と術後1週間の通院です。
送迎車に限りがあるため、通院困難な患者様を優先させて頂きます。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

診療時間と診療内容のご案内

診療時間表

診療内容

一般眼科診療、眼科手術(日帰り白内障手術など)、レーザー手術治療(糖尿病網膜症、緑内障、網膜裂孔など)、コンタクト、メガネ処方、小児眼科(近視・斜視・弱視)

診療内容の詳細

クリニック外観
クリニック駐車場

バス停「南山団地」の目の前です。
岐阜市・関市からアクセスしやすく、広い駐車場を完備しています。

新しく導入した医療機器のご紹介

手術ガイドシステムVERION(べリオン)を導入しました

平成29年9月導入

昔の白内障手術は、濁った水晶体を透明な眼内レンズに入れかえるだけでした。
最近の白内障手術は、乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)を入れることも多く、大きく変わってきています。
それに伴い、より精度の高い手術をするための機器が必要になります。
べリオンは、まだ全国的にも導入が少ない白内障手術の精度を上げるための機器です。役割を簡単に言うと検査室と手術室を結んでくれる機器です。

まず、検査室のべリオンを使って、患者様個人の目の特徴を正確に早く捉えます。そして、検査室で得られた患者様の情報を手術室のべリオンが顕微鏡や専用モニターに正確に映してくれます。
いろいろな使い道がある機器ですが、以下の目的で使われる場合が多いです。
乱視矯正眼内レンズを挿入する場合、手術前に検査した方向に入れなければなりません。どの方向に眼内レンズを入れたら良いのかをべリオンが術者に顕微鏡内に映して見せてくれますので、術者はそれに従って眼内レンズを入れるだけです。
多焦点眼内レンズを挿入する場合、眼球の中央に固定されることが重要です。今まで、だいたい中央だろうと思っていた手術が、べリオンを使用して顕微鏡をのぞくと、どこが本当の中央なのかを教えてくれます。術者はそれに従って眼内レンズを入れるだけです。
まだまだ、使い道が多い機器です。

また、手術を重ねるごとに、術者の特徴をも情報として記憶して検査に役立てます。
更に、定期的にインターネットを通してバージョンアップされて機能が増えていきます。
当院では、すべての白内障手術で使用しています。

手術ガイドシステムVERION(べリオン)

ルクソール手術顕微鏡を導入しました

平成29年9月導入

眼科手術において、顕微鏡が見やすいというのは、非常に重要です。
ルクソール顕微鏡は、アルコン社独自の技術で作られ、焦点深度が深く(ピントが合う範囲が広い)、眼球の表面から奥まで幅広くピントが合います。
また、当院で導入しているべリオンとの相性が非常に良いです。

ルクソール手術顕微鏡

超広角眼底観察装置Optos200Txを導入しました

詳しい眼底検査をする時に、瞳孔を広げるお薬を数十分の間に何回も点眼してから眼底検査を受け、帰りの車の運転の心配をしている患者様も多かったと思います。
オプトスは、瞳孔を広げることなく、通常の眼底カメラの約4倍という広範囲の網膜を撮影可能な機器です。
撮影は0.4秒で、特別な費用もかからず、帰りの運転の心配もありません。
患者様の負担を大きく軽減します。
糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などの網膜疾患に使用します

超広角眼底観察装置Optos200Tx
Optos200Tx撮影範囲 倒像鏡の観察範囲

レーザー光凝固装置 PASCAL(パスカル)を導入しました

パスカルは、今までのレーザー光凝固装置に比べ、痛みが少なく、短時間で治療ができます。
今までのレーザー光凝固装置は患部に一点一点照射していましたが、パスカルは1回で複数点を同時に照射できるため、短時間で治療ができます。

また、ショートパルスと高出力により、網膜へのダメージを減らし、患者様への痛みを軽減します。
短時間で治療ができ、患者様の痛みも少ないため、医師と患者様の両方の負担を減らします。
適応疾患は、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症や網膜裂孔などがあります。

レーザー光凝固装置 PASCAL(パスカル)