診療案内
【 小児外来 】

近視

当院では子供の近視の治療をしています。
近視がみつかるのは、「学校検診でひっかかった」、「最近、見にくいと言っている」などだと思います。
保護者様からは、「まだ、小さいのでメガネをかけさせたくない」、「できるだけ、メガネをかけるのをおくらせたい」、「治らない近視なのか」などのご相談が多いです。
近視には、治る近視と治らない近視があります。
軸性近視(治らない近視)は、目の長さが長くなることで起こります。身長が伸びるのと同じで目の長さも長くなります。目があまり長くなると、メガネなしではピントが合わなくなります。大人の近視は、ほとんどが軸性近視です。このようなお子様は、やはりメガネが必要になります。
屈折性近視(仮性近視、治る近視)は、目の中の水晶体(カメラで言うならレンズ)が緊張状態にあるために起こる近視です。
屈折性近視では、ワックという機械を使った治療や緊張状態を取り除く目薬を使った治療を行います。
ワックという機械は、両目で遠近感のある写真を見るだけです。
ご両親の体験も可能です。

ワック

斜視

片方の目が物を見ているのに、もう片方の目が違うところを見ている、このように左右の視線がずれているのが斜視です。
斜視には、外斜視や内斜視や上下斜視があります。
斜視の原因は、遠視・目の筋肉や神経の異常・片目の視力不良など様々です。
当院では、斜視の検査・訓練・治療を3人の視能訓練士が行っています。

弱視

弱視とは、子供の視力の発達が障害されて、メガネをかけても視力がでない状態です。メガネをかけて、1.0以上の視力がでるのは弱視ではありません。
子供は生まれつき視力がでているわけではありません。生後3ヶ月では0.01くらいです。1.0の視力がでるのは5歳前後と考えられています。

(生後)1ヶ月 目の前の手の動きがわかる
(生後)3ヶ月 (視力)0.01~0.02
(生後)6ヶ月 (視力)0.04~0.08
(生後)1歳 (視力)0.2~0.25
(生後)2歳 (視力)0.5~0.6
(生後)3歳 (視力)0.8
(生後)4~5歳 (視力)1.0
(生後)6歳 (視力)1.0~1.2

子供の目は、毎日、物を両眼で見て刺激を受けて育っていきます。何らかの原因で、視力の発育を妨げられると弱視になります。
弱視の原因は、遠視や斜視など様々です。
弱視の治療はできるだけ早く行うことが重要です。そのためには、早期発見が重要になります。
当院ではスポットビジョンスクリーナーを導入しています。スポットビジョンスクリーナーは、遠視・近視・乱視・斜視を低年齢から検査できる機器です。今までは、機器にあごを乗せないとできなかった検査が、子供が数秒間、カメラのような機器を見ているだけで検査できるという画期的な機器です。今までは、3歳くらいでしかできなかった検査が、スポットビジョンスクリーナーは、6ヶ月以降の乳幼児から検査ができます。
弱視の治療は早期発見が重要です。うちの子は大丈夫と思っている方も多いとは思いますが、一度検査されることをお勧めします。

スポット ビジョンスクリーナーの詳細

当院の小児の斜視弱視治療

当院では3人の視能訓練士がいます。私と3人の視能訓練士が、患者様の相談・検査・訓練・治療にあたっております。
お子様のことは、ご心配になるのは十分わかっていますので、何でもお気軽にご相談下さい。