診療案内
【 日帰り白内障手術 】

白内障とは

白内障とは、眼球の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。
水晶体とは、カメラでいうならレンズです。レンズが汚れていては良い写真はとれません。
初期の症状としては、まぶしさを感じたり、かすんで見えたりします。進行すると視力が低下します。
視力の低下とは、メガネをかけても視力が出ないことを言います。

白内障の原因

加齢によるものが殆どです。どなたにでも起こる病気です。
その他には、外傷、糖尿病、アトピー性皮膚炎、先天性(生まれつき)などがあります。
糖尿病は、白内障だけではなく、網膜(カメラでいうフイルム)に出血などを起こします。自覚症状がなくても、眼科の検査をお勧めします。
アトピー性皮膚炎は、白内障だけではなく、網膜(カメラでいうフイルム)がはがれることがあります。失明に至る怖い病気です。アトピー性皮膚炎の患者様も、自覚症状がなくても、眼科検査をお勧めします。

白内障の治療

予防の点眼薬がありますので、軽い白内障の方は使われてもいいかもしれません。
視力低下した白内障は、手術が必要です。
特に、免許更新時に、思ったより視力が出ないことに気づく場合が多いようです。
高齢者講習を受ける年齢になったら、白内障などの検査のため、眼科受診をお勧めします。

白内障手術

白内障手術は、カメラでいうならレンズを入れ替える手術です。
機械や道具の進歩もあり、普通の白内障なら10分弱の短時間で手術が終了します。痛みも、ほとんど無いようです。
わずか2ミリ程の切り口から、水晶体を吸い取り、そこから眼内レンズを入れます。
白内障が進行すると水晶体は硬くなります。初期のものはゼリーくらいの硬さです。中等度のものはチョコレートくらいの硬さです。進行すると石のような硬さになることもあります。
白内障手術は水晶体を吸い取るというより、硬いものを超音波で割ってから吸い取るといったイメージになります。
眼内レンズの大きさは6ミリくらいあります。それを2ミリ程の切り口から入れるために、特殊なインジェクター(筒のような道具)を用いて、インジェクターの中で丸まった状態にして小さくします。そして、インジェクターを使って2ミリ程の切り口から眼内レンズを目の中に入れます。その後、目の中でレンズを広げます。
私が眼科医になった頃は、6ミリ以上切っていましたので、現在の2ミリ程というのは格段の進歩と思います。

当院の白内障手術

当院は、日帰り白内障手術を行っています。
当院は、厚生省が認める先進医療認定施設です。

眼内レンズは、単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズがあます。更に、それぞれに乱視を矯正できる眼内レンズもあります。
当院は、患者様のご希望に合わせたレンズを入れることが可能です。
また、べリオンという機器を使い、乱視を減らすなどの努力をしております。すべての白内障手術でべリオンを使用しています。
また、手術後の無料送迎サービスを行っています。通院が困難な手術を受けられる患者様を少しでもサポートできればと思っています。
今後も、新しい眼内レンズや白内障手術機器が出てきたら、良いものは積極的に取り入れたいと思っています。