多焦点眼内レンズ
【 自由診療のレンズ 】

ファインビジョン
(FINE VISION)

ファインビジョン(FINE VISION)は、「近く」「中間」「遠く」の3ケ所にピントが合う、プレミアムな3焦点眼内レンズです。
PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠くと近くと中間距離の3点に焦点が合う眼内レンズです。
従来の多焦点眼内レンズ(遠方と近方に焦点が合う2焦点眼内レンズ)との最大の違いは何といっても、中間距離にピントが合うことです。
乱視矯正も可能です。

ファインビジョンの価格(税込)
乱視なし 片眼 50万円
両眼 100万円
乱視あり 片眼 55万円
両眼 110万円

ミニウェル・レディー
(MINIWELL ready)

遠方から近方にかけて、視力の落ち込みが少なく、自然な見え方。最もグレア・ハローが少ない多焦点レンズ。
イタリア SIFI社が製造している多焦点眼内レンズで、従来の多焦点眼内レンズ(遠方と近方に焦点が合う2焦点眼内レンズ)に比べ、遠方・中間・近方へスムーズに焦点が合うのが特徴です。
ヨーロッパでは多く使用されており、良好な成績を示しています。国内においては、2017年に初めて導入されました。

ミニウェルの価格(税込)
片眼 55万円
両眼 110万円