くまだ眼科クリニック|058-243-2600

当院の特徴

網膜疾患診療

  • 糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔など様々な網膜疾患の検査及び治療に対応します。
  • お車でいらっしゃった患者様でも、オプトス(無散瞳広角カメラ)を使って、お帰りの運転に支障がないような検査が可能です。
    オプトスは、瞳孔を広げる必要がないため、点眼している待ち時間がなく、帰りの運転の心配もありません。
    料金も通常の眼底カメラと同じで、特別な料金はかかりません。
    広角眼底カメラ「オプトス 200TX」
    オプトスで撮影した眼底写真
    通常の眼底カメラ写真
  • オプトス(無散瞳広角眼底カメラ)、OCT、OCTアンギオグラフィー、自発蛍光眼底検査などの侵襲の少ない検査を使い、患者様のご負担を減らします。
    OCT「カールツァイス シラスHD-OCT plus AngioPlex」
    OCTの撮影風景
    正常のOCT画像(矢印部分の断面)
    OCTは、網膜(カメラでいうフイルム)の中央にある黄斑の断面図を撮影するための機器です。
    様々な網膜疾患の検査に有効です。
  • パスカル(光凝固装置)
    網膜のレーザー治療では、網膜へのダメージが少なく、短時間で治療ができ、患者様の痛みも少ないレーザー光凝固装置を使用しています。
    光凝固装置「トプコン パスカル」