診療案内

くまだ眼科クリニックの診療内容のご案内です。患者様を第一に考え、心のこもった診療を心掛けております。

診療内容

一般眼科診療、眼科手術(日帰り白内障手術など)、レーザー手術治療(糖尿病網膜症、緑内障、網膜裂孔など)、コンタクト、メガネ処方、小児眼科(近視・斜視・弱視) ...など

眼の疾患・診療について

眼の疾患・
診療について

日帰り白内障手術

白内障とは

眼球内にある水晶体が、加齢などによって白く濁ってくる眼疾患です。
水晶体が濁ってしまうことは、カメラのレンズが曇った状態と同じです。水晶体で光が散乱するようになるため、物が白くぼんやりと霞んで見えたり、光がひどくまぶしく感じられたりなどの症状が出現してきます。
そのまま症状が重くなった場合、視力はさらに低くなり、眼鏡でも矯正しきれず、日常生活に不都合が生じてきます。

白内障の原因

眼白内障という病気の本体は、たんぱく質の変性にともなう水晶体の濁りです。濁りはいろいろな原因で生じてきますが、何と言っても多いのが、加齢によるものです。60歳の80%、80歳の100%が白内障になります。どなたにも起こる身近な病気のひとつです。
その他にも目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調、遺伝、放射線や赤外線照射、薬の副作用、ブドウ膜炎などが原因に挙げられます。

白内障の治療

白内障が軽度であれば点眼薬をおこなうことがあります。点眼薬を続けても完全に進行を阻止することはできません。
白内障を治療するには手術しかありません。

白内障手術

白内障手術は水晶体の濁りを取り除き、人口の水晶体(眼内レンズ)を移植する手術を行います。最近ではわずか2.4mmの切開で手術が可能な時代となってきました。それに伴い手術の目に対する影響もより少ないものになり、手術時間も大幅に短縮され10分弱の短時間で手術は終了します。白内障手術技術の進歩により、近年白内障手術後にもより高い視機能の実現が可能となりました。

当院の白内障手術

当院では、日帰り白内障手術を行っています。
当院は、厚生労働省が定める先進医療認定施設です。
眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。
当院では、さまざまなニーズにお応えできるできるよう多くの種類の眼内レンズが挿入可能です。
新素材の眼内レンズの開発もあって、術後の乱視による視力低下が馬鹿にならなくなってきています。ベリオンが、正確に患者さんの乱視の方向を術中に指示してくれることによって、より術後視力の向上に寄与してくれます。当院では、健康保険、先進医療、自由診療、すべての白内障手術をこの機械を用いて行います。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

一般的な白内障手術では、「単焦点眼内レンズ」が用いられていますが、メガネのいらない、より快適な視界をご希望の方のため、「多焦点眼内レンズ」という選択肢をご用意しています。
また、最近は「中間距離」に合わせられるレンズが増えてきました。
料理やパソコン、カーナビ、買い物での商品表示を見るといった、日常よくあるシチュエーションが、中間距離(70cm~1mくらい)になります。
このように中間距離が見やすいということは、私達が生活する上でとても重要です。
当院では幅広い取扱いレンズの中から、患者様のニーズに合わせた最適なレンズを選べます。
多焦点眼内レンズには、厚生労働省が定める先進医療の多焦点眼内レンズと完全自由診療の光学的に優れている海外の多焦点眼内レンズがあります。

緑内障

緑内障とは

緑内障は、目の奥にある視神経が眼圧によって障害されて視野が狭くなる病気です。症状としては、見えない場所(暗点)が出現したり、見える範囲(視野)が狭くなったりします。初期から中期にかけては視力が良いので異常になかなか気づきません。そして気づいた時には、既に視野が狭くなっているケースも少なくありません。病気の進行とともに視力は低下してしまい、最悪の場合は失明を招くこともあります。
40歳以上の17人に1人は、緑内障にかかっていると言われています。

緑内障の原因

虹彩(こうさい)の裏にある毛様体(もうようたい)という組織から分泌される、栄養分を含んだ体液のことを房水(ぼうすい)と言います。この房水の出口(隅角)の障害により、眼内に房水が貯まり過ぎ、眼圧(眼球内圧)が異常に高くなることによって視神経がダメージを受けるのです。視神経乳頭の構造が弱い人では、眼圧が正常でも緑内障を発症することがあります。

緑内障の検査

視力検査や眼圧検査、眼底検査(目の奥にある網膜・血管・視神経の状態を調べる)、視野検査(目で見える範囲や敏感さを調べる)、光干渉断層計(OCT)検査(網膜の断面を見て神経線維の状態を調べる)、隅角検査(隅角の状態から緑内障のタイプを調べる)などが行われます。
40歳以上の方は、是非一度、検査を受けて下さい。

緑内障の治療

まず薬物(点眼薬)による眼圧を下げる治療が行われます。点眼薬を2~3種類併用することもあります。薬でうまく治療できないようなケースでは、レーザー治療や手術によって眼圧を下げる治療が行われます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病の三大合併症は眼、腎臓、神経にでます。日本における中途失明者の原因の第一位が糖尿病網膜症です。つまり、放っておくと失明してしまうことがあります。
糖尿病網膜症は失明に至る怖い病気ですが、定期的に眼科受診をすれば大丈夫です。
現在、糖尿病網膜症の検査、治療が優れているため、必要なときに必要な検査、治療をすれば、失明することはあまりなくなってきました。
ただ、いまだに糖尿病にもかかわらず眼科定期受診をしていない患者さんがおり、眼科を受診したときには手遅れというケースがあります。
糖尿病網膜症は最初は無症状です。
症状がでてからでは、手遅れということもありますので、症状の無いときから定期受診しなくてはいけません。

糖尿病網膜症の病期

単純糖尿病網膜症
この時点ではほとんど自覚症状はありません。
網膜細動脈瘤(網膜血管のつまり)や網膜出血がみられます。
黄斑部浮腫(網膜の中心のむくみ)がある場合は、視力低下が現れます。

前増殖糖尿病網膜症
網膜の血管がつまり、網膜に酸素がいきわたらなくなります。
増殖糖尿病網膜症にならないよう治療が必要です。

増殖糖尿病網膜症
網膜の血管がつまり、網膜に血液が流れず、眼は酸欠状態になります。
すると、網膜や視神経や虹彩(茶目の部分)に、もろい新生血管が出現します。
この新生血管は簡単に切れて、眼内に出血を起こし、視力低下を引き起こします。
出血を繰り返すうちに、網膜に膜が張り、その膜が網膜をひっぱり、網膜剥離(網膜がはがれる)の原因になります。
また、虹彩などに新生血管ができると、緑内障を起こします。

糖尿病網膜症の検査

眼底検査
目の一番奥にある網膜の状態をくわしく調べるため眼底検査を行います。
一般的には、目薬で瞳孔を広げて(散瞳)検査をします。散瞳検査後は、まぶしくて、お車でのお帰りなどに支障をきたします。
当院では、超広角眼底観察装置(Optos200Tx)を導入しています。無散瞳、非接触で、通常の眼底カメラの約4倍(200°)の網膜の80%以上の領域の高解像度画像を撮影できます。撮影は1回、約0.4秒で完了。患者様の負担や苦痛を大幅に軽減します。また、負担する費用は通常の眼底カメラと同じです。
瞳孔を開くお薬を使用しなくて撮影できますので、お帰りの際、車の運転などの心配はありません。更に詳しいデータが必要な場合には目薬で瞳孔を開いて検査をすることもあります。

OCT(光干渉断層計)
網膜の断面像を見ることが可能で。網膜のむくみの程度や出血の範囲、深さや視神経の状態などを詳細かつ正確に知ることができます。

蛍光造影眼底検査
網膜に異常が認められた場合、網膜の異常を正確に把握するため、造影剤を静脈注射して眼底の写真を撮影する検査です。

糖尿病網膜症の治療

レーザー治療
レーザー治療は、網膜の栄養不足の場所にレーザーを照射して、新生血管の発生を防いだり、網膜の血流障害を改善する治療です。

VEGF阻害剤(アイリーア)硝子体内注射
網膜の腫れ(網膜浮腫)による視力低下に対して注射します。

ステロイドのテノン嚢下注射
網膜の腫れ(網膜浮腫)による視力低下に対して注射します。

硝子体手術
繰り返す硝子体出血や増殖膜による網膜剥離などには、硝子体という組織を切除する手術が必要な場合があります。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

黄斑とは光を感じる神経の膜(網膜)の中央にある、ものを見るために最も敏感な部位です。わずかなものであっても異常が生じると、視力は低下し、回復困難になることもあります。最近では高齢者の失明原因の上位にあがってきています。
加齢黄斑変性は、黄斑部に異常な血管(新生血管)が生じ、出血や網膜剥離を起こします。自覚症状には、「視力低下」「物が歪んで見える」「見たい所が見えない」などがあります。

加齢黄斑変性の検査

眼底検査(目の奥にある網膜・血管・視神経の状態を調べる検査)、光干渉断層検査(OCT)検査(網膜などの断面を調べる検査)、造影検査(静脈から造影剤を注入し調べる検査)などが行われます。
当院では、超広角眼底観察装置(Optos200Tx)を導入しています。無散瞳、非接触で、通常の眼底カメラの約4倍(200°)の網膜の80%以上の領域の高解像度画像を撮影できます。撮影は1回、約0.4秒で完了。患者様の負担や苦痛を大幅に軽減します。また、負担する費用は通常の眼底カメラと同じです。
瞳孔を開くお薬を使用しなくて撮影できますので、お帰りの際、車の運転などの心配はありません。

加齢黄斑変性の治療

ひと昔前まではあまり有効な治療法はありませんでしたが、近年新しい治療法が登場し、早期発見・早期治療によって視力低下を最小限に抑えたり視力が改善したりする可能性が期待できるようになってきました。

抗血管内皮増殖因子(VEGF)療法
加齢黄斑変性は網膜も下に広がる脈絡膜(みゃくらくまく)に新生血管が生じ、黄斑にダメージを与えます。この脈絡膜新生血管にはVEGFという物質が関与しています。このVEGFの作用を抑制する薬を硝子体内に注入し、新生血管を鎮静化させる治療法です。

光線力学療法(PDT)
光感受性物質を点滴したのち、特定の波長のレーザー光線を患部に当てることで、正常な網膜を障害することなく新生血管の勢いを弱めることが期待できます。

光凝固
レーザー光線で新生血管を焼き固めます。正常な網膜も障害されてしまうので、新生血管の位置によっては治療できません。

予防療法
効果は大きくありませんが、抗酸化ビタミン(ビタミンA・C・E)や亜鉛などの摂取が加齢黄斑変性の発症や進行の予防として働く可能性が大規模研究にて示され、この結果をもとにサプリメントが販売されています。

その他の眼底疾患

現在作成中です。

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイとは、涙の量が少なくなったり、涙の質が下がったりする病気です。
ドライアイになると、目の表面に傷がつくこともあります。また、目に入ってきた異物(細菌や花粉)を洗い流すことができなくなるため感染症やアレルギーにかかりやすくなります。

ドライアイの治療

症状が軽い場合は、点眼薬で治療します。点眼薬には、人工涙液、ヒアルロン酸製剤(保湿効果があります)、ムチン(粘膜から分泌される粘液の主成分)や水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬などが用いられます。
症状が重い場合は、涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙が鼻涙管から排出されないようにする治療が行われることもあります。

外眼部疾患

現在作成中です。

小児外来

近視

当院では仮性近視の治療を行っております。
お子様が初めて『学校健診でひっかかった』、『最近黒板が見にくいようだ』、『いきなりメガネを使うことには抵抗を感じる』と言う方は是非ご相談ください。
仮性近視があると医師が判断した場合は、ワックの望遠順応治療をはじめます。
ワックという機械をのぞいて両目で遠近感のある写真をみるだけです。
5分程度で、写真も変わりますのでお子さんでも飽きずに治療できます。
ご両親の体験も可能です。

斜視

ふつう、ものを見るときには両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。これを斜視といいます。

弱視

弱視とは、メガネやコンタクトで矯正しても、視力が出ない目のことを言います。裸眼視力が例え0.1であっても、メガネなどで矯正して1.0の視力が出れば、弱視とは言いません。
こどもの目の発達には、たえずものを見る訓練が必要です。しかし、こどもの視力が発達する途中で、ものを見る訓練ができなくなり、目の成長が止まるのが弱視です。メガネなどで矯正しても視力が出ません。そのような場合は、病院で検査や視能訓練が必要な場合があります。
また、弱視は早期発見が重要です。
当院では子どもたちの視力スクリーニング検査のためフォトスクリーナー(スポットビジョンスクリーナー)を導入しました。スポットビジョンスクリーナーを用いれば6か月齢以降の乳幼児から成人まで短時間(数秒)で負担もなく検査が可能です。子どもたちには数秒間、カメラのような機器を見つめてもらう(写真撮影をするような感覚)だけで負担もなく検査を受けることができます。

スポット ビジョンスクリーナーの詳細

治療

当院では3人の視能訓練士が斜視・弱視などの検査・訓練・治療にあたっております。お気軽にご相談下さい。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは眼に直接はめる高度管理医療機器で、レンズにより眼に障害が起きた場合、視力に重大な影響を及ぼす恐れがあります。

レンズを作る時は、眼科専門医の検査を受けて、最適なレンズを作ることが重要です。

各種レンズを取り扱っていますので、是非ご来院下さい。
検査は保険で出来ますので、必ず健康保険証をご持参下さい。