【岐阜|芥見の眼科】 くまだ眼科クリニック|先進医療(多焦点眼内レンズを用いた白内障治療)

 

先進医療(多焦点眼内レンズを用いた白内障治療)|くまだ眼科クリニック

先進医療とは?

先進医療とは簡単にいうと厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」のことです。
当院では白内障手術における「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を施行することができます。
当院は先進医療を行う施設として承認されています。
このため、手術前や手術後の診察は保険適応になるため患者様の負担が減ります。
また、手術料は全額自己負担となりますが、民間の保険に加入されている方で
先進医療特約に加入されている方であれば手術費用が全額給付される場合もあります。

先進医療とは?

「単焦点眼内レンズ」に比べ「多焦点眼内レンズ」では、遠方と近方の両方に焦点を合わせることが可能です。
つまり、多焦点眼内レンズによる白内障治療を受けることで、結果的に老眼も治すことができます。
多焦点眼内レンズには、十分な適応検査が必要です。
視力に影響を及ぼすような眼疾患がある場合など適応にならない場合もあります。

【動画】眼内レンズによる見え方の違いはこちらの動画をご覧ください。